食事制限をする上の注意点

ダイエットしたことある人の大半は失敗で終わっている方は多いと思います。食事制限は上手に成功する人がいないということになるのでしょう。ですが、食事制限に成功した例もあったりするのです。どのように食事制限をすれば、良いのでしょうか。

ダイエットをする上で食事制限に注意しないといけなかったりしますよね。
失敗している人の中で1番多いのは、とにかく極端に食べるものを減らし、摂取カロリーを下げ、ダイエットしてしまうというものです。たとえ、体重は落ちても体脂肪は思ったように減らず、太りやすく痩せにくい体質なり、栄養不足でお肌はカサカサ、体調を崩してしまう、といったようなダイエット前よりも悪い結果になってしまうことも少なくないのです。

そのため、ダイエット中の食事制限の際には、筋肉のもととなるタンパク質をしっかり摂取し、バランスよく栄養を摂取しながら摂取カロリーを抑えていく必要があります。食事制限ダイエットを成功させ、ダイエット後もリバウンドをしないようにするためには、結果を焦らず、とにかく無理せず、頑張りすぎないということを意識したほうが良いのです。

ダイエットの誤解

最近では、ネットが普及していて、誤解がダイエットをする前にわかるようになりましたが、今でも闇雲にダイエットしている方は誤解をし続けているのかもしれませんね。
そんな誤解していて、ダイエットを失敗している方も多いのが現実ですので、きちんと誤解を解いて、ダイエットを楽しんでほしいものです。

ダイエットへの誤解は主に食事関係に多く、食べ物や炭水化物、糖分、お肉、アルコール、カロリー、1日3食等に対して誤解をしている人が多いそうですよ。

食べること=カロリー摂取と考えて、食べ物を喜びながら食べることができなかったことがあった人もいるのでしょう。しかし、食べ物が太らせているわけではなく、エネルギーが余っているから太ってしまうのであるので、太りやすい食べ物はないと考えていいのでしょう。
その他にも誤解は有りますが、食べ物に対する誤解を解くだけでもダイエットをし易いことでしょう。

ダイエット成功者の共通点

ダイエットをする際に失敗したりしたらどうしようということが沢山ありますね。
ダイエット成功者の共通点は計画はもちろんするのですが、続けられていることです。

ダイエットするにあたって、食事面では、炭水化物は少なめにし、夜遅く食べない等のことをし、無理な食事制限はしないで、水分補給は主に水にし、1口30回の咀嚼もするようにし、1週間に1度はご褒美を与えたりしています。
運動面では、毎日10000歩以上歩き、ストレッチをし、有酸素運動や無酸素運動を定期的に続けているのです。
管理面では、体重を毎日計ることをはじめ、休日は外に出かけ、姿勢に気をつけて姿勢をよくしたりすることを、持続させ、習慣化することをしていたりするのです。

少し項目は多いのですが、痩せる動機をはっきりさせることで、ダイエットを続けられるようになるのです。短期間で痩せるダイエットもいいですが、長期的に診てダイエットしたほうが成功するのです。

低炭水化物ダイエット

炭水化物ダイエット、よく聞きます。
炭水化物は太りやすいからという理由で、炭水化物を一気に抜く人も多いでしょう。
その炭水化物を抜けばいいというのが間違いなのです。

炭水化物は分解すると糖質となる。食べすぎても脂肪として加えられるのであまり良くないのですが、糖質は脳の唯一の栄養素なので、逆に糖質を抜いてしまうと頭がボーッとしたり、集中力の低下や無気力を起こしたりしてしまい、身体にとって大変危険なのです。
そうなって、失敗しないようにするためには、炭水化物をすべて抜くのではなく、炭水化物があまりない食品を選んだり、量を減らしたりするほうが良いようです。

低炭水化物ダイエットの長所は炭水化物の量さえ気をつければ、肉・魚等も食べられます。
成功するには、夜の炭水化物を減らし、朝・昼はいつも通りに食べる事です。
皆さんのダイエットの成功を祈っています。