太っていると危険な症例など

太っていても元気であれば問題ないと感じてしまう方も甥かもしれませんが、肥満が続きますと、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病などの生活習慣病に掛かりやすくなってしまいます。またこれらの病気をもつ危険性をもった状態のことをメタボリックシンドロームとよび、1つの所症例は軽度の病気でも重なってしまうと十度のッ病気となってしまう危険性があります。

肥満はほかにもさまざまな内臓やホルモンの病気を引き起こし、重い体重によって負担がかかってしまいますので、足や腰なども痛めやすくなってしまいます。

中高年の男性に多いタイプは内臓脂肪型肥満で人によっては外見ではわかりにくく本人が気づかないうちに生活習慣病が進行してしまうという危険性もあります。

1日3食きっちり食べないと太てしまうのか?

多くの記事では1日3食きっちり食べないと太るということが多く記載されていますが、一方で、それは虚位であるといったことや1日2食でもOKといった記事も目に刷るのではないかと思います。

ダイエットの基礎としては摂取カロリー>消費カロリーとなってしまいますので、3食しっかりと食べていてもこの計算式を超えてしまうとリバウンドになってしまいます。
実際に力士は身体を大きくするために1日2食にして身体を大きくするといわれています。

しかし、力士は1日2食なのは太るためではなくさらに間食をとっていますので、厳密には1日2食ではないといわれています。
実際のところ意見が大きく割れており、どちらが真実であるのかは非常に難しいですが、ご自分の判断で理解し、カロリーを取り過ぎないようにバランスよく摂取していくことがまずは大事なようです。

カロリーコントロールを意識する。

人間の体には、生命の維持のためにカロリーをコントロールしています。例えば食事を一食抜いたとした場合、エネルギーが足りなくなって、溜めておいた脂肪を燃やしてエネルギーとして使用します。脳はこの状態を察知すると次にいつエネルギーが入ってくるか分からないので、生命の維持のためにエネルギーを節約しようとします。

これによって1日を同じような生活をしても消費されるカロリーがすくなくなってしまうということが起こりえます。

またこの状態になkりますと次回の食事の時にはたくさんのエネルギーを補給しようとしてエネルギーを補給使用として、同じ食事の量でも多くのカロリーを吸収しようとするといわれています。
ですので、毎日三食摂取するようにしてエネルギーを溜め込んでおく必要がないと判断させることが重要です。

ドカ食いを防ぐ方法

空腹になってしまいますと、ついドカ食いをしてしまい、多く食事量をとってしまう傾向にあるかと思います。そこで以下の方法を実施し、ドカ食いを防いでいきましょう。

食事の前に必ず水をコップ1杯分のんでから食事をすることによってコップ1杯ほど飲むだけで、空腹感もいくらか和らぎ、ドカ食いするようなことを防ぐことが出来ます。マメに水分補給をするといった意味でも取り入れた歩がよい習慣であるかと思います。

ダイエットのコツは長時間の空腹状態を作り出さないことにあると言えますので、空腹状態が長くなるほど飢餓感がまして食べたい衝動が抑えられなくなってしまいます。
すぐに食べられるヘルシースナックやヨーグルトなどを常備しておくと良いでしょう。