低炭水化物ダイエット

炭水化物ダイエット、よく聞きます。
炭水化物は太りやすいからという理由で、炭水化物を一気に抜く人も多いでしょう。
その炭水化物を抜けばいいというのが間違いなのです。

炭水化物は分解すると糖質となる。食べすぎても脂肪として加えられるのであまり良くないのですが、糖質は脳の唯一の栄養素なので、逆に糖質を抜いてしまうと頭がボーッとしたり、集中力の低下や無気力を起こしたりしてしまい、身体にとって大変危険なのです。
そうなって、失敗しないようにするためには、炭水化物をすべて抜くのではなく、炭水化物があまりない食品を選んだり、量を減らしたりするほうが良いようです。

低炭水化物ダイエットの長所は炭水化物の量さえ気をつければ、肉・魚等も食べられます。
成功するには、夜の炭水化物を減らし、朝・昼はいつも通りに食べる事です。
皆さんのダイエットの成功を祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です