朝食をしっかりと取る

日本の国民栄養調査によると、1日に欠食のある人とない人を比べますと、欠食をしたヒトの方が皮下脂肪が高いという結果がでています。このことから、3食ともしっかりととっているほうがダイエットはせいこうしやすいということが言えます。

その理由としましては、朝食を抜いてしまうと、体は次の食事に多くのエネルギーをとろうとしてしまうために過剰な栄養を取ってしまうことになります。そのため簡単な食事となっても朝食をしっかりと取っておくことがおすすめです。

朝が食べられないといった方にオススメできる食事が例として牛乳+バナナなどの果物です。カルシウムやたんぱく質が豊富な牛乳と、低カロリーで糖質やビタミンが多く含まれるバナナを摂取することで、午前中のエネルギーを維持します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です