強肝食品の代表 鶏レバー

レバーは動物の内臓の中でも最も柔らかく、栄養がたっぷりと含まれている部分であり、コレを上手に食べることで健康に近づくことができます。特に強肝食品の代表としてよく知られ、その良質なタンパクが弱った肝臓の細胞を再生してくれます。

赤血球に必要な鉄分や造血にかかわる葉酸やビタミンB12、鉄の利用を高める銅などが豊富に含まれていますので、貧血予防を助けてくれる働きをしてくれることで知られてます。ビタミンも豊富に含まれており、ビタミンA、B1、B2、B6と含まれており、同じくB群の仲間であるナイアシンも豊富に含まれています。

その中でもビタミンAの効力はニンジンの10倍となっており、皮膚や粘膜の健康や病気への抵抗力の強化、眼精疲労の解消にも効果があるといわれています。