ベーコン

ベーコンの主要な栄養素はビタミンB1でこのビタミンB1は、加熱によって破壊されやすく、水溶性ですので、洗いますと分解されてしまうといった性質を持っています。また、大量に摂取しても体内に蓄積されにくい上に、ビタミンB1を含む食材が少ないので、日本人にとってはフゾクしがちな栄養素となっています。

しかし、ベーコンはすでにスモークしてありますので、加熱しても破壊されること無く香りや味もよく保管することができます。

さらに含まれている動物性の脂は各種ビタミンを吸収しやすくなっており、野菜と一緒に炒めて食べることで、効率良く栄養を摂取することができます。適度な油の摂取は、ストレスを減らしたり、免疫力の低下を抑制する効果を持っています。