カロリーコントロールを意識する。

人間の体には、生命の維持のためにカロリーをコントロールしています。例えば食事を一食抜いたとした場合、エネルギーが足りなくなって、溜めておいた脂肪を燃やしてエネルギーとして使用します。脳はこの状態を察知すると次にいつエネルギーが入ってくるか分からないので、生命の維持のためにエネルギーを節約しようとします。

これによって1日を同じような生活をしても消費されるカロリーがすくなくなってしまうということが起こりえます。

またこの状態になkりますと次回の食事の時にはたくさんのエネルギーを補給しようとしてエネルギーを補給使用として、同じ食事の量でも多くのカロリーを吸収しようとするといわれています。
ですので、毎日三食摂取するようにしてエネルギーを溜め込んでおく必要がないと判断させることが重要です。