太っていると危険な症例など

太っていても元気であれば問題ないと感じてしまう方も甥かもしれませんが、肥満が続きますと、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病などの生活習慣病に掛かりやすくなってしまいます。またこれらの病気をもつ危険性をもった状態のことをメタボリックシンドロームとよび、1つの所症例は軽度の病気でも重なってしまうと十度のッ病気となってしまう危険性があります。

肥満はほかにもさまざまな内臓やホルモンの病気を引き起こし、重い体重によって負担がかかってしまいますので、足や腰なども痛めやすくなってしまいます。

中高年の男性に多いタイプは内臓脂肪型肥満で人によっては外見ではわかりにくく本人が気づかないうちに生活習慣病が進行してしまうという危険性もあります。