味噌の効果とダイエットの関係

国民食である味噌には、ダイエット効果があるという事を知っていますか?

味噌に含まれているメラノイジンという物質には腸内環境を整える効果がありますので、便秘解消ができますので腸を綺麗にする事ができるのです。

腸を綺麗にするという事は、ダイエットだけでなく美肌効果やアンチエイジング効果、ガンの抑制が期待できますから、毎日継続的に日本の伝統食を取り入れて美と健康を手に入れましょう。

メラノイジンは熟成された味噌に多く含まれていますので、しっかりと熟成されている味噌を選ぶと良いでしょう。

さらに、グルコシルセラミドという成分は、皮膚の角層の保水力をアップさせる効果も期待できますので、食事で肌の美白を目指す事もできますよ。

1日3食きっちり食べないと太てしまうのか?

多くの記事では1日3食きっちり食べないと太るということが多く記載されていますが、一方で、それは虚位であるといったことや1日2食でもOKといった記事も目に刷るのではないかと思います。

ダイエットの基礎としては摂取カロリー>消費カロリーとなってしまいますので、3食しっかりと食べていてもこの計算式を超えてしまうとリバウンドになってしまいます。
実際に力士は身体を大きくするために1日2食にして身体を大きくするといわれています。

しかし、力士は1日2食なのは太るためではなくさらに間食をとっていますので、厳密には1日2食ではないといわれています。
実際のところ意見が大きく割れており、どちらが真実であるのかは非常に難しいですが、ご自分の判断で理解し、カロリーを取り過ぎないようにバランスよく摂取していくことがまずは大事なようです。

ドカ食いを防ぐ方法

空腹になってしまいますと、ついドカ食いをしてしまい、多く食事量をとってしまう傾向にあるかと思います。そこで以下の方法を実施し、ドカ食いを防いでいきましょう。

食事の前に必ず水をコップ1杯分のんでから食事をすることによってコップ1杯ほど飲むだけで、空腹感もいくらか和らぎ、ドカ食いするようなことを防ぐことが出来ます。マメに水分補給をするといった意味でも取り入れた歩がよい習慣であるかと思います。

ダイエットのコツは長時間の空腹状態を作り出さないことにあると言えますので、空腹状態が長くなるほど飢餓感がまして食べたい衝動が抑えられなくなってしまいます。
すぐに食べられるヘルシースナックやヨーグルトなどを常備しておくと良いでしょう。

ご飯+焼き魚+お浸し+豆腐のみそ汁=アミノ酸スコア100

日本の食事としてよく見ている食事でありそうなご飯、焼き魚、お浸し、豆腐のみそ汁などがメジャーであるとおもいますが、アミノ酸スコア的にもこちらの組み合わせは、お互いの欠点を補い合って結果高いアミノ酸スコアとなります。

例えば、ご飯は、アミノ酸スコアが64で、たんぱく質量は6.8gです。ご飯に納豆を加えると、アミノ酸スコアは85、たんぱく質量も15.1gと上がります。そして、ご飯に焼き魚、お浸し、豆腐のみそ汁にすると、アミノ酸スコアは100、たんぱく質量は30.8gとなります。

こちらは1日に必要となるたんぱく質60~70gのほぼ半分が取れたことになるためとてもバランスの取れている食事となることができます。