ベーコン

ベーコンの主要な栄養素はビタミンB1でこのビタミンB1は、加熱によって破壊されやすく、水溶性ですので、洗いますと分解されてしまうといった性質を持っています。また、大量に摂取しても体内に蓄積されにくい上に、ビタミンB1を含む食材が少ないので、日本人にとってはフゾクしがちな栄養素となっています。

しかし、ベーコンはすでにスモークしてありますので、加熱しても破壊されること無く香りや味もよく保管することができます。

さらに含まれている動物性の脂は各種ビタミンを吸収しやすくなっており、野菜と一緒に炒めて食べることで、効率良く栄養を摂取することができます。適度な油の摂取は、ストレスを減らしたり、免疫力の低下を抑制する効果を持っています。

とうもろこし

あまくておいしいとうもろこしは多いしいだけではなく豊富な栄養素を含んでいるスーパーフードです。

まず体のエネルギー源だけでなく脳のエネルギー源としてとても重要である端主家物が含まれています。エネルギー源が足りなくなってしまうと、思考力が落ちたり、疲労を感じたいするようになりますのでとても重要です。

またビタミンB1を含んでいますので糖分をエネルギーへ変えてくれます。ビタミンB1が十分でないと足のだるさ、手足の痺れ、肩こりなど酷い場合は脚気を引き起こしてしまうこともあります。脳の重要なエネルギー減である糖分がうまくまわらなくなると、イライラや記憶力、注意力の低下につながってくるかと思います。

ビタミンB2は新陳代謝を助けてくれる重要な栄養素も取り込まれています。

イカ

お刺身や天ぷらおつまみ駄菓子など日本にはイカをつかった食品が数多くあり、多くの需要があります。イカには一次コレステロールが多く含まれているといったことがあり、たしかにコレステロールは高いのですが、近年の研究でそれは善玉コレステロールであることが発表されました。

こちらのようにイカには様々な栄養素を持つ健康に良い食材であるという認識が広まってきています。

富山県の富山短大 食物栄養学科の研究では、ホタルイカには脂肪肝を改善する効果があるという結果が報告されています。
肝臓の肥満である脂肪肝は以前は多くお酒を飲む男性がなる病気でしたが近年ではお酒を飲まない方にも増えてきています。特に女性は女性ホルモンが低下する40歳の女性にも増えてきています。

サケは消化・吸収の良い良質なたんぱく質を取ることができ、脂肪分もEPAやDHAなど不飽和脂肪酸が中心ですので、おいしい上に健康にも良い食材です。
サケに含まれるEPA、DHAは血中のコレステロールを抑えて血の流れを良くし、動脈硬化や血栓、高血圧を抑制する働きを持っています。

DHAには脳の細胞を活性化させ、ボケを防止する効果も指摘されています。ほかにもサケには栄養素の代謝を促すビタミンB郡や、カルシウムの骨への吸収を進めるビタミンDが豊富です。
抗菌かの力で細胞を守るビタミンEが多いことも特徴です。

健康効果の面から見ると、特筆すべきなのが極めて高い抗酸化力でそれはサケの赤い色にあります。サケの身の赤い色は、アスタキサンチンによるもので、この色素には体の中で有害な活性酸素を除去する働きがあります。