食事・水分の減量だけでのダイエットは難しい

多くの方がダイエットで最初に取り組むことは水分や食事を抜くことですが、これまで暴飲暴食をしていた方が健康的な食生活へ戻すことで、改善するケースはダイエットの成功事例としては多くあります。

しかし、ダイエットをする方の多くは食事に関して日頃から気をつけている方が多いですので、その上でさらに食事や水分を抜くことは、普段の生活で変動する体重の誤差ほどしかないそうです。

食事や水分補給の改善は脂肪を部分ヤセさせるというkとは難しいようです。ダイエッターには自身の気になる部位があり、そこだけ痩せたいと思うかもしれませんが、結論としては脂肪の部分痩せをすることはできないということです。
一部の部位をトレーニングして筋肉をつけることでシェイプアップさせることは可能です。

カロリーコントロールを意識する。

人間の体には、生命の維持のためにカロリーをコントロールしています。例えば食事を一食抜いたとした場合、エネルギーが足りなくなって、溜めておいた脂肪を燃やしてエネルギーとして使用します。脳はこの状態を察知すると次にいつエネルギーが入ってくるか分からないので、生命の維持のためにエネルギーを節約しようとします。

これによって1日を同じような生活をしても消費されるカロリーがすくなくなってしまうということが起こりえます。

またこの状態になkりますと次回の食事の時にはたくさんのエネルギーを補給しようとしてエネルギーを補給使用として、同じ食事の量でも多くのカロリーを吸収しようとするといわれています。
ですので、毎日三食摂取するようにしてエネルギーを溜め込んでおく必要がないと判断させることが重要です。

ダイエットの基本

糖質制限、断食、単品ダイエットなど様々なダイエットが毎年提唱されて、流行としては廃れていきますが、その理由としては継続していくことが難しいからといわれています。

流行にのって一時的に痩せるのではなくリバウンドしない一生もののダイエットを行って行く事が大事です。
1ヵ月で10kg痩せるといった難しい目標を立てる人も少なくないですが、短期間に大幅に体重を落とすことはリバウンドにもつながりやすいといわれています。

リバウンドせずにさらに継続することが出来る目標は現体重の5%の減量を目標にしていくと良いそうです。達成することが出来たのであればそこからさらに5%の減量を目指していくという小さなゴールを少しずつ重ねていきます。

ダイエットに向いていない食品

なんでもバランスよく食べることが健康にとって大切なことですが、ダイエットのために食事を見直すときに注意したい琴芭ダイエット向きの食材や食品化同化ということです。

ダイエット食として親しまれてきた食べ物が実は適していなかったり、意外な食べ物がOKであったりなどということがあるかと思います。ダイエットのためにと思って食べていたら間違えていたということが痩せにくい理由になっている可能性があります。

春雨はカロリーが低いのでダイエット食品としてよく食べられる印象が有りますが、実は糖質が多く含まれていますので、ダイエットにはむかない食事といわれています。意外なところでははんぺんなどの加工食品は糖質が多く含まれていますので、注意が必要です。