ダイエットの間違った知識とは

ダイエットをやってみたけど痩せられなかったという人や、一時期は痩せられたけどリバウンドしてしまったという人は、もしかしたらダイエットの方法が間違っていたのかもしれません。

食べなければ痩せると考えている人もいるかもしれませんが、朝食を抜くのはダイエットに逆効果ですから、1日の代謝量をアップさせるためにも朝食は毎日食べるようにしましょう。

夜遅くに食べると太ると言われていますが、だからと言って夕食を抜くのは間違いであり、ジャンクフードやカロリーの高いお菓子を避けるのであれば、多少の間食は大丈夫ですよ。

炭水化物を食べると太ると言われているため、野菜などのおかずが中心の食生活を行っている人も間違いであり、炭水化物にも良い物と悪い物がありますので見極めることが大切ですよ。

ダイエット成功者の特徴

ダイエットを成功する為に、自分にアプローチすべきポイントがいくつかあります。

まずダイエットしていることを認めてもらう、更に少しでも痩せたら褒めてもらうというように、自分がダイエットを頑張っていることを知ってもらう機会を作ってみましょう。
褒められる・認められることにより自然と「もっと頑張ろう」という気持ちが湧いてきて続けられます。

そしてダイエットの計画は決して無理の無いものにする必要があります。
これはダイエットに限ったことではありませんが、何でも無理な計画を立ててこなしていこうとすると、ほぼ必ずつまづいてしまうものです。
まずは大まかでも良いのでダイエット計画を立ててみて、それが自分にとってストレスにならないような計画であるかを確認してみてください。

ダイエットの失敗

ダイエットをする上でよく聞くのが、「炭水化物を抜くと痩せる」というワードなのですが抜いて逆効果になってしまう場合もあるのです。

ご飯は高タンパクで脳のエネルギーになる糖質が豊富で、ダイエット中は避けたい食べ物のひとつですが極端に糖質が減ると低糖質を招いたり、筋肉量が低下してしまったりと体に負担がかかってしまいます。
ダイエットの為に有酸素運動をする人も多いですが、炭水化物を摂らない人は初めは体重もガクンと落ちていきますが次第に落ちなくなるものなのです。
それでいて、なかなか思うように痩せないと悩んでいる人も多いのです。

身体は絶えず糖を作っており、こうした身体のエネルギーとなる糖質を抜いたダイエットをしても筋肉量が減るだけで、運動をしても一向に痩せないのはのは炭水化物抜きのダイエットが原因になってしまっているので、自ら筋肉を減らす食事をして太りやすい体質を作るため失敗してしまう原因になっています。

ダイエットの成功と失敗

ダイエットは女性ならば一度は経験したことがあるというのが殆どではないでしょうか?
ダイエットをしようと思い立ったけれど知らないうちに中断してしまっているという方が多いのではないかと思います。
その逆で、きちんと目標とする体重まで落としてスレンダーな体型をずっとキープしている人もいたりと、いったいどこが違うのか疑問です。
ダイエットに成功する人と失敗を繰り返す人の違いは、実はとてもシンプルなことだったのです。

ダイエットの楽しみ方に違いがあるようでダイエットというと食事制限や運動をしなければならない=キツイものという思い込みが失敗に近づけてしまっているようです。
より失敗してしまうのが「○○だけダイエット」というダイエット法を取り入れてしまうことなのです(´・ω・`)
一時的にガクっと体重は落ちるものの、偏った栄養生活がずっと続くわけでもないので元の食生活に戻した途端に我慢していた分、暴飲暴食となってしまいリバウンドを引き起こしてしまうので今までやってきたことが無駄になってしまうかもしれません(泣)
自分自身と向き合ってダイエットをすれば「ダイエット=キツイ」という考えは無くなり、楽しみながら続けられるかもしれませんね。