ダイエットは2週間が重要

ダイエットは2週間が勝負となっています。2週間を超えてしまうと体が慣れてしまいますが、超えてしまってもやせないわけではなくダイエットを続けていればそれなりの効果がでます。

2週間でどれくらいの体重を減らすことができるのかということですが、平均ではー5kgといわれています。

またダイエットをする上で大事なのが、減量とダイエットの違いを理解することが重要です。ダイエットをする方の中には全く食べない人がいますが、これは減量にあたります。食べないと栄養が不足して不健康になってしまい、すおなってしまいますとダイエットの意味を失ってしまいます。

健康を保ちながら適量の体重を目指していくことが重要になってきます。

朝食をしっかりと取る

日本の国民栄養調査によると、1日に欠食のある人とない人を比べますと、欠食をしたヒトの方が皮下脂肪が高いという結果がでています。このことから、3食ともしっかりととっているほうがダイエットはせいこうしやすいということが言えます。

その理由としましては、朝食を抜いてしまうと、体は次の食事に多くのエネルギーをとろうとしてしまうために過剰な栄養を取ってしまうことになります。そのため簡単な食事となっても朝食をしっかりと取っておくことがおすすめです。

朝が食べられないといった方にオススメできる食事が例として牛乳+バナナなどの果物です。カルシウムやたんぱく質が豊富な牛乳と、低カロリーで糖質やビタミンが多く含まれるバナナを摂取することで、午前中のエネルギーを維持します。

鶏卵

たまごは、ヒヨコが成長するために必要な栄養成分を全て持ち合わせていますので、人が栄養を摂取する際にもとても貴重であるといわれています。ヒヨコの骨格づくりに必要なカルシウムとリンも豊富となっています。

サプリメント業界が鶏は卵を温めるだけで、ヒナが孵ることに注目しているしていることからも卵のもつパワーの凄さがつた和テ来るかと思います。

たんぱく質やカルシウム、鉄分など、ビタミンCを除いたおおよその全ての栄養素が含まれており
人の体内で作ることができない8種類の必須アミノ酸をバランス良く含まれていますので、すばらしい栄養素をもっている食品といえます。

コレステロールを除去する作用のあるレシチンが多く含まれていますので、毎日2個のたまごを食べても、ほとんどの人が血液中のコレステロール値が上がらないといわれています。

ベーコン

ベーコンの主要な栄養素はビタミンB1でこのビタミンB1は、加熱によって破壊されやすく、水溶性ですので、洗いますと分解されてしまうといった性質を持っています。また、大量に摂取しても体内に蓄積されにくい上に、ビタミンB1を含む食材が少ないので、日本人にとってはフゾクしがちな栄養素となっています。

しかし、ベーコンはすでにスモークしてありますので、加熱しても破壊されること無く香りや味もよく保管することができます。

さらに含まれている動物性の脂は各種ビタミンを吸収しやすくなっており、野菜と一緒に炒めて食べることで、効率良く栄養を摂取することができます。適度な油の摂取は、ストレスを減らしたり、免疫力の低下を抑制する効果を持っています。