自然なウィッグを選ぶポイント

ウィッグテクニック

ウィッグを被っていることは出来るだけ周りにバレたくないという方は多いと思います。
バレないようにするためには被り方も重要ですが、まずはウィッグ自体も自然に見えなければなりません。
そこで今回は自然に見えるウィッグを選ぶポイントをご紹介いたします。

艶・テカりが少なめにあるウィッグを選ぶ
不自然なウィッグの特徴として、過度な艶やテカりがある、つまり毛がいかにも人工毛なことが見て分かってしまうということが挙げられます。
また、実際に自分の髪の毛や他人の髪の毛を見てみるとある程度の艶やテカりが見られると思います。つまり全く艶やテカりが無いのも不自然なのです。
艶、テカりが少なめにあるウィッグが自然な髪に近いので、そうしたウィッグを選ぶようにしましょう。

つむじに注目
ウィッグでバレやすいポイントの1つが「つむじ」です。
実際見てみると分かるのですが、ウィッグのつむじは小さく作られていることが多く、実際の本物のつむじと比べなくても違和感を感じてしまいます。
また、つむじ付近の毛がペタッと倒れてしまっているのも自然のつむじと違うポイントです。

つむじで自然なウィッグを見極めるには、本物と似た形状の「I字つむじ」を採用しているウィッグを選んでみましょう。

タイトルとURLをコピーしました